機会費用とは?節約の賢い考え方をご紹介

効率化/節約

機会費用とは?節約の賢い考え方をご紹介

投稿日:2020年3月12日 更新日:

こんにちは、LeeStyles(リースタイルズ)です。

今回は、「機会費用とは?節約の賢い考え方をご紹介」というテーマでお話していきたいと思います。

機会費用という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

もしかしたら、経済に詳しい方だったりビジネスマンの方だったりすると、聞いたことがあるかもしれません。

実はその機会費用ですが、日常生活の節約でも生かせる考え方なのです。

したがって、今回の記事は、

  • 「機会費用ってそもそも何?」
  • 「生活でどのように生かせるの?」

という方に特におススメです。

そして、今回の記事のポイントは次の2つです。

  • 機会費用はその時間で稼げたはずのお金との差額のことである。
  • 金銭的時間的精神的なリターンを考慮して、行動を選択すべきである。

それでは、解説していきます。

機会費用とは

機会費用とは

早速ですが、機会費用とは何でしょうか?

結論、機会費用とは、選択肢の中で「一番利益が出る行動」と「あなたが実際に選択した行動」の差額です。

といっても分かりづらいと思うので、ここから1つずつお話していきます。

人生は選択の連続

まず、人生にはあらゆる選択肢が存在します。「仕事をする」、「遊びに行く」、「家でゴロゴロする」など、 あらゆる選択肢の中からあなたは1つの選択肢を毎回選択して行動するわけですよね。シェイクスピアの「人生は選択の連続である。」なんて名言がありますが、まさにこのことです。

でも、その中にはあなたが選択しなかった選択肢が存在します。先ほどの例でいうと、あなたが仮に「家でゴロゴロする」という選択肢を選んだ場合、「仕事をする」「遊びに行く」といった選択肢が選ばれなかったものです。

ここで、先ほどの機会費用の話に戻して考えると、あなたが選択した「家でゴロゴロする」という行動は、お金も消費しませんし、お金を稼ぐこともありません。つまり、±0円です。

では、選択しなかった残りの2つの選択肢を見てみましょう。

すると、まず「遊びに行く」という選択肢はお金を稼ぐことはなく、むしろお金を使ってしまいます。ここでは仮にその消費金額を1000円とすると、-1000円です。

そして、反対に「仕事をする」という選択肢は、お金を使うことはなく、お金を稼ぐ行動です。ここでは仮に1000円稼ぐとして、+1000円になります。

以上をまとめると、次の図のようになります。

仕事をする・遊びに行く・家でゴロゴロする

今回の例では、機会費用は、「一番利益が出る行動(仕事をする)」「あなたが実際に選択した行動(家でゴロゴロする)」の差額なので、1000円の損失になります。

つまり、あなたは仕事をすることで稼げたはずの金額を無視してでも、家でゴロゴロする選択をしたということです。/p>

以上がざっくりとした機会費用の考え方です。

あなたの時給

このような考え方を知っておくと、あなたが仮にどこかの場面で選択肢に迷ったときに、最終的にその選択から得られる利益を比較して、論理的に物事を考えられるようになります。

そして、その比較をする際に必ず把握しておいた方がいいのが、あなたの時給です。

あなたは自分の時給をしっかり把握できているでしょうか。ざっくりとした数字でも頭の中に入れておくことが大切です。

例えば、アルバイトパートの方であれば簡単ですよね。そこで支払われている時給でそのまま考えればいいと思います。そして、会社員の方であれば、年収を勤務時間で割ってみるといいかもしれません。

このようにざっくりとした数値なら簡単に計算できるわけですから、この際にぜひ把握しておきましょう。

お金に代えられない価値

ここで注意点なのですが、あなたがそれぞれの選択肢から得られる利益を比較する際に、必ずしもお金だけで考えればいいというわけではありません。

それもそのはずで、冒頭の例に戻ると、もしお金だけで比較していたら「家でゴロゴロする」という選択肢が選ばれることは絶対にありません。そのような考えで選ばれるのは、利益を生み出す「仕事をする」という選択肢のみです。

これではおかしいですよね。確かに、「家でゴロゴロする」という行動がお金を生み出すことはありませんが、精神的な安らぎといったリターンを得ることが出来ます。特に、仕事のしすぎで疲れてしまっている時は、あなたのゴロゴロしたいという欲望はとても強くなっていますから、「家でゴロゴロする」ことの価値は非常に大きくなります。反対に、特に疲れていない時は「家でゴロゴロする」ことの価値はそこまで高くなく、それなら「仕事をする」という選択肢をとった方が良いよねってなります。

お金・時間・精神

以上のように、お金だけではなく、精神的なリターンなども考慮した上で機会費用について考えていくと、よりあなたにとって最適な選択ができると思います。

節約の考え方

節約の考え方

ここまでは、機会費用の考え方についてざっくり解説してきました。

ここからは、タイトルの通り、この機会費用をどのように節約で生かせるかについてお話していきたいと思います。

イメージしやすいように、次の3つのシチュエーションを用意しました。

  • 旅行先のホテル探し
  • ショッピング
  • 新居探し

それでは解説していきます。

旅行先のホテル探し

1つ目のシチュエーションです。

学生のあなたは旅行先のホテルを探した結果、無事に決定することが出来ました。

その時の次の2つの状況では、機会費用を考えるとどちらが得だったのでしょうか?

  • リサーチを3時間行った末、宿泊代が7000円のホテルを見つけて予約した。
  • 宿泊代が 9000円のホテルをすぐ見つけて予約した。

ただし、ここでは両者のホテルによる満足度の差はないとします。

では、早速考えていきたいと思いますが、まずはあなたの時給を考えます。今回は学生の設定のため、時給は1000円として計算していきます。

すると、1つ目はホテル代が7000円です。さらに、リサーチの3時間があるので、プラスで3000円になります。なので、合計は1万円になります。

対して、2つ目はホテル代のみなので9000円です。

ホテル代とリサーチ時間

したがって、機会費用を考えると2つ目の選択肢の方がお得であるといえます。

どうでしょうか。機会費用の考え方に慣れてきましたか?

ショッピング

続いては、ショッピングのシチュエーションです。

学生のあなたは今、2つの服のどちらを買おうか悩んでいます。結局、そのうちの1つを購入したのですが、状況は次の3つでした。

  • おしゃれな5000円の服を即決した。
  • おしゃれな服と1時間悩んだ結果、無難な4000円の服を購入した。
  • 無難な服で我慢しようか1時間悩んだ結果、おしゃれな5000円の服を購入した。

機会費用としては、どれが一番お得だったのでしょうか?

前回と同様に、あなたの時給は1000円だとします。

まず、1つ目です。これは服代のみで、5000円になります。

次に、2つ目ですが、1時間悩んだことも考慮すると、合計は5000円になります。

そして、最後の3つ目ですが、これも同様に1時間悩んだことを考慮すると、合計は6000円です。

服代と悩んだ時間

つまり、機会費用で考えると、1つ目と2つ目が同じ価値になるわけです。

しかし、最終的に手に入れた服を比較すると、1つ目の方がおしゃれなわけですから、1つ目のおしゃれな服を即決した場合が一番お得だったといえます。

新居探し

最後のシチュエーションです。

あなたは現在学生で、北海道に住んでいるとします。もうすぐ社会人となって東京勤務が始まるため、東京周辺に新居を探さなくてはなりません。

そこで、新居として2つの候補が出てきました。

  • オフィスまで徒歩圏内だけど、家賃は月8万円かかる。
  • オフィスまで片道1時間(往復2時間)かかるけど、家賃は月5万円かかる。

このような場合、あなたならどちらを選択するでしょうか?

まず、1つ目については、今回は分かりやすく考えるために移動時間は0分とします。つまり、発生する負担額は家賃代の8万円のみです。

次に、2つ目については、第一に家賃代の5万円が発生します。さらに、ここでは移動時間分の給与も発生します。今回も時給は1000円だとすると、1日に2000円分の給与を取り逃していることになります。月の勤務が20日だとすると、その額は4万円です。つまり、家賃代と移動時間分の給与を合計すると9万円になるのです。

家賃代と通勤時間

以上より、家賃代と移動時間分の給与で両者を比較すると、1つ目の徒歩圏内に住んだ方が良いことになります。

しかし、実際はもう少し広い視野で物事を見ていく必要があるのも事実です。

例えば、今ではスマホ1つで様々なことが出来るようになりましたよね。ゲームも出来ますし、電子書籍も読めますし、この記事を書くことだって出来ます。つまり、家にいないと出来ないことは確実に減ってきているということです。したがって、もし電車通勤なら、その電車に乗っている時間をフル活用して、自己研鑽やビジネスに費やすことも十分に可能なわけです。そうすると、1つ目よりも2つ目のオフィスから離れた場所に住むことの方が、あなたにとって良い選択になります。

また、反対の例もあります。移動時間が通勤・帰宅ラッシュに重なっていて、満員電車の場合です。その場合は、先ほどのように通勤時間を有効的に活用するのは難しいですし、むしろ通勤時間が自身の大きな精神的ストレスに繋がってきます。したがって、2つ目の選択肢は9万円以上の負担になるわけです。

以上のように、自身の特有の状況も考えた上で選択肢を比較することが、機会費用の真の使い方だと思います。

今のあなたに出来ること

今のあなたに出来ること

いかがでしたでしょうか。

今回は、「機会費用とは?節約の賢い考え方をご紹介」というテーマでお話してきました。

少しでも、この記事を通して、機会費用や節約に関するあなたの理解が深まったら嬉しいです。

今のあなたに出来ることは、

  • 機会費用の考え方をもとに、自身の選択が正しかったか見つめ直す。
  • 家族や友達にも機会費用の考え方を共有することで、今後は自分やみんなにとって最適な選択ができるようにする。

だと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT US

LeeStyles(リースタイルズ)は働くあなたの自由と幸せを追求するメディアです。

このメディアでは、次の2軸をテーマに情報を発信していきます。

  • 生産性の高いワークスタイルやライフスタイルの実現
  • キャリアとプライベートの充実

また、YouTubeやSNSでも情報発信していますので、是非チャンネル登録とフォローをよろしくお願いします!

-効率化/節約
-

Copyright© LeeStyles(リースタイルズ) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.