MOSは独学でも大丈夫?PC初心者向けに徹底解説

キャリアアップ

MOSは独学でも大丈夫?PC初心者向けに徹底解説

投稿日:2020年5月6日 更新日:

こんにちは、LeeStyles(リースタイルズ)です。

今回は、「MOSは独学でも大丈夫?PC初心者向けに徹底解説」というテーマでお話していきたいと思います。

したがって、今回の記事は、

  • 「MOSを独学で受かる方法について知りたい!」
  • 「PC操作は苦手だけど、独学でも大丈夫かな?」

といった方には特におススメです。

そして、この記事のポイントは次の2つです。

  • MOSを学習するには、自分で参考書を購入して勉強する方法と、PC教室に通う方法の2通りが存在する。
  • 基本的には参考書で学習する方法がおススメである。

それでは、さっそく解説していきます。

MOSの学習方法

MOSの学習方法

MOS(Microsoft Office Specialist)を学習する場合、方法としては次の2つが存在します。

  • 参考書を購入して、独学で勉強する。
  • PC教室に通って、カリキュラムに沿って先生の指導を受ける。

もちろん両者にはメリットデメリットが存在するため、まずはそれについて確認してきましょう。

ただし、注意点としては、最終的にどちらの方法を選択するかはあなた自身が何に重きを置くかによって決まってきますので、それを踏まえた上で読み進めてください。

では、さっそく次の4つの観点から両者を比較していきます。

  • 時間的コスト
  • 金銭的コスト
  • 強制力

時間的コスト

まず、学習時間を考えた際には、圧倒的に参考書の方が短期間で学習ができます。

というのも、参考書の場合は、1度参考書を購入してしまえば、後は自宅でひたすら読み進めて勉強するだけです。

場所や時間に制限がないため、スキマ時間にも勉強し放題です。

対して、PC教室の場合は、開校されている時間は限られていますし、わざわざ教室まで通う必要があります。

さらに、学習スピードも周りに合わせなければなりませんし、生徒による先生の奪い合いで中々授業が進行しません。

金銭的コスト

次に、金銭面についても、参考書に軍配が上がります。

仮に1科目を勉強しようってなった時に、参考書は大体3000円ほどで購入が可能です。

対して、パソコン教室では数万円~数十万円といった金額がかかります。

これは非常に大きな違いですよね。

PC教室では科目数が増えればとんでもない金額に達しますので、そこはよく頭に入れておいてください。

勉強の質に関してですが、これは一見するとPC教室に軍配が上がりそうですよね。

しかし、実際のところは参考書だけでも十分な学習効果が得られます。

というのも、PC教室は参考書を先生と一緒に学習していくという形式であり、両者の違いは先生がいるかいないかだけになります。

もちろん先生がいることで困った点を気軽に質問できますが、自分で何とか出来るタイプの人であれば大して必要ないですよね。

実際に、参考書は非常に丁寧に解説がされており、初心者にもわかりやすいです。

したがって、本当にPC操作が苦手な人以外は、参考書だけでも十分だといえます。

強制力

PC教室の最大のメリットはこの強制力だといえます。

先生が存在することであなたの学習意欲を引っ張り上げてくれますし、教室という特殊な環境があなたの集中力を高めてくれます。

金銭的コストがかかっている分、しっかり学習しようという気持ちにもなるでしょう。

対して、参考書で独学する場合は、自分自身をしっかりマネジメントして、学習のモチベーションを保っていくことが必要不可欠となります。

言い換えると、セルフマネジメントに自信がある人は参考書だけで全く問題ないわけです。

以上をまとめると、下の表のようになります。

参考書とPC教室の比較

したがって、参考書とPC教室のどちらを選択するかについては、次のように判断すると良いでしょう。

  • 基本的にはコストがかからない参考書による独学方法を選択する。
  • どうしてもセルフマネジメントに自信がない場合は、強制力のあるPC教室を選択する。

参考書での独学方法

参考書での独学方法

ここまでを通して、基本的には参考書で独学することがおススメであることをお伝えしてきました。

したがって、ここからは具体的にどのように参考書で学習していけばよいかについて、解説していきます。

MOSを学習する際に考えるべきポイントは次の2点です。

  • どのような順番で学習していくか。
  • どの参考書を使って学習していくか。

学習の順序

学習の順序

上の表は、MOSの種類と、筆者がおススメする学習順序についてをまとめたものです。

MOSにはご存知の通り、Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlookの5つが用意されています。

したがって、ここで初心者の方は何から学習していこうか悩んでしまいますよね。

学習の順序を考える際には、次の3つを押さえてください。

  • 最新版である2016を学習する。
  • スペシャリストから学習する。
  • ビジネス現場で使用率の高いExcelやPowerPointから学習する。

このルールに従って順位付けしたのが、先ほどの表です。

Accessに関しては、データベースへの知識を深めたい方は最後に追加で勉強してみても良いでしょう。

Outlookに関しては、あまり参考書が充実していないのもありますし、日常生活でメールを使いこなせていれば特にビジネスでも問題ないため、わざわざ学習しなくても大丈夫です。

おススメの参考書

参考書を選ぶ時のポイントは次の2つです。

  • 模擬試験機能が付いている。
  • どのアプリケーションにも対抗している。

勉強するにあたって、自分がどれだけ成長したかをしっかり数値で把握することは、MOSにおいても大切なことです。

そして、それを実現してくれるのは模擬試験機能が付属されている参考書です。

また、Excelではここの参考書、Wordではあそこの参考書、って感じでアプリケーションごとに出版元を変えていては面倒ですよね。

したがって、参考書がどのアプリケーションにも対応していることは非常に大切です。

以上を満たしている参考書で、筆者が実際に使用して特におススメするのは、よくわかるマスター(FOM出版)です。

模擬試験は5回分(Accessのみ3回分)が用意されており、本番とほとんど同様の環境でテストすることが出来ます。

Outlookを除いたその他の全アプリケーション・全コースが用意されているため、毎回わざわざ別の参考書を探す必要がなく、慣れ親しんだ参考書で効率良く学習することが可能です。

ちなみに、1冊あたり早くて2日~1週間で終えられると思いますので、計画を立てる際の1つの指標として参考にしてみてください。

よくわかるマスター(FOM出版)はこちら

今のあなたに出来ること

今のあなたに出来ること

いかがでしたでしょうか。

今回は、「MOSは独学でも大丈夫?PC初心者向けに徹底解説」というテーマでお話してきました。

この記事を通して、少しでもMOSに関するあなたの知識が深まったら嬉しいです。

今のあなたに出来ることは、

  1. 参考書で独学するか、PC教室に通うか、選択する。
  2. どのような順序で学習するか、計画を立てる。
  3. 参考書で独学する場合は、よくわかるマスター(FOM出版)を活用して、さっそく学習を始める。

だと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT US

LeeStyles(リースタイルズ)は働くあなたの自由と幸せを追求するメディアです。

このメディアでは、次の2軸をテーマに情報を発信していきます。

  • 生産性の高いワークスタイルやライフスタイルの実現
  • キャリアとプライベートの充実

また、YouTubeやSNSでも情報発信していますので、是非チャンネル登録とフォローをよろしくお願いします!

-キャリアアップ
-

Copyright© LeeStyles(リースタイルズ) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.